大きく進化したインスタントカメラ

「カメラ」といえばプロが愛用している一眼レフカメラや持ち運びに便利なコンパクトデジカメ、そのあいだのような存在のミラーレス一眼などを連想する方が多いのではないかと思います。
しかしそれら以外ににも、昔から親しまれてきたインスタントカメラを思い浮かべる方もまた少なからずいらっしゃることでしょう。 そんなインスタントカメラですが、大きな進化を続けており最近再び注目を集めているのです。

写真を撮影した直後にフィルムが自動的に現像されるというのが従来のインスタントカメラの仕組みですが、最近のものはそれらの機能は勿論変わりません。
そして新たにフィルターが搭載されたり、二重露光やオートフォーカスなど、デジタルカメラさながらの機能を搭載する機種が登場しています。 本体にモニターを搭載したものもあり、それによって仕上がりのイメージを確認したり現像する写真を選択することが出来るようにもなりました。 そのモニターによってフィルムの無駄遣いを防止することが出来るようになったのは画期的なのではないでしょうか。
デザインもスタイリッシュなため、お洒落に持ち歩くことができるのもまた魅力のひとつです。

インスタントカメラの王道ともいえるメーカーは勿論、往年の老舗カメラメーカーも参入するなど今後のインスタントカメラ市場はますます目が離せない存在となるかもしれませんね。